婚約指輪を売りたい。イニシャルや刻印は買取価格に影響する?

婚約指輪を売りたい。イニシャルや刻印は買取価格に影響する?

 

婚約が決まって婚約指輪を購入するとき、さまざまなデザインがあるので悩みますよね。
一生に一度の買い物ですし、高額な買い物ですので慎重に選ぶでしょう。
結婚を決めたカップルは幸せの絶頂ですので、特別な婚約指輪にするために内側に自分たちのイニシャルや、結婚記念日を刻印したりする人もいるでしょう。
また、彼女に内緒でサプライズで婚約指輪を購入し、プロポーズの場で渡す人もいます。
しかし結婚生活は、付き合っている時と違ってずっと一緒にいるので良い面だけではなく悪い面も見えてくるのも事実ですので一生を添い遂げることなく、お互いの生活を尊重してお別れする人もいます。
また婚約指輪は結婚指輪と違って、結婚後は友人や知人の結婚式等にしかつけることができませんので、せっかく買ってもらっても置いていてはもったいないので売りたいという女性もいるでしょう。
婚約指輪のほとんどはプラチナでできていますので、デザインが古くても再利用することができます。
そこでジュエリーを買取してくれるお店へ持って行き、買い取ってもらうのですが、刻印がしてあると買取り価格は下がってしまいます。
新しいデザインや人気のデザインのものでしたら、磨いてそのまま店頭に出して売ることができるので買取側としても手間がかかりませんが、刻印がしてあると溶かして再利用することが多いので、その分コストや人件費、手間がかかりますので買取価格が下がるのです。
最初から売ることを考えて購入する人はいませんが、刻印をしていない方が売る時は高価買取ができます。